読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

T.O.P LIFE❤︎

ガチ、たぷペン宣言。

BIGBANG、10周年記念展示会を生配信で紹介…10年の絆が伝わる放送に

f:id:kuromiii:20160808100725j:image
BIGBANGがファンと共に過ごす10周年パーティーを披露した。

AからZまで、様々なコンセプトでBIGBANGのすべてを初公開する予定だが、どの部屋でもファンへの愛情が表れた。

BIGBANGメンバーは4日、NAVERのライブ映像配信アプリ「V」で生中継された「BIGBANG 10 THE EXHIBITION:A TO Z」ライブトークを通じて、10周年記念展示会に関するエピソードを打ち明けた。

まずはV.Iが「BIGBANGとNAVER『V』アプリは、母より頻繁に会っているみたいだ」と話し始めた。D-LITEは10周年記念展示会のコンセプトである「A TO Z」に対し「A:あらもう、こんなに良いとは。T:Two回、O:オゴ(“来て”の意) 3回来て4回来て5回来ても良さそうだな。Z:ジー」と4行詩を披露。メンバーは拍手で歓呼した。

メンバーは「T.O.P兄さんがいなかったら、これはキャンセルだ」と紹介したほど、T.O.Pはこの日のライブトークでもキュレーターのような存在感を見せつけた。それぞれの部屋に設置された作品を、センスたっぷりに紹介したのだ。T.O.Pが選んだグループ内で最高の画伯はSOL。彼に対して「腕前が優れている」と褒め、現場で作品が販売された。これに対してSOLは「T.O.P兄さんのようなアートコレクターに売ってもらえるのは光栄だ」と答えた。
 
f:id:kuromiii:20160808100757j:image
今回の展示会は、AからZまでそれぞれのコンセプトで部屋を初公開したことがポイントだ。そして、これに関する面白いエピソードも紹介した。D-LITEは、アルファベット「U」に対して「すべての部屋に対して、何とか部屋と呼んでいるが、この名前はどうも読めない。『ユールーム(U部屋の韓国語“ユバン”は乳房という意味)』と言わなきゃいけないような気がする」と話した。これに対してG-DRAGONは「バン(部屋という意味の韓国語) も英語にすればベンになる。ユベンにしよう」とし、SOLは「ユ客室にしよう」と話して笑いを誘った。最後にV.IがUルームを紹介して、巧みに状況をまとめた。

メンバーは、それぞれの部屋を回りながらコンセプトなどを直接紹介。共通点はすべて“ファンとの思い出がある”ということだった。社屋にファンが落書きした壁をそのまま移して展示した部屋もあるが、G-DRAGONは「1年に一度ペンキを塗り替えたと言っていた。だから書いて消されたものが盛り込まれているために、意味が大きい」と話した。

また、G-DRAGONとSOLが共に作った黄色い作品に対しては「5行は僕たち5人を表現したもの。丸い点は、僕たちがステージの上で見た時、ベンボンがこんなふうに見える」とファンを感動させ、D-LITEは手形を押した作品に対して「ファンとハイタッチする姿だ」と紹介した。

最後はやはりMCのV.I。フリースタイルラップを披露して華やかにライブトークのフィナーレを飾り、4人は“母親のような笑顔”でV.Iを見つめた。10年が過ぎても変わらない友情が感じられた。

BIGBANGのデビュー10周年記念「BIGBANG 10 THE EXHIBITION:A TO Z」展示会は、今月5日から10月30日までソウル城東区聖水洞 S-FACTORYで開催される。アルバム、ステージ衣装、インタビュー、練習、ミュージックビデオ映像など、BIGBANGのすべてを確認できる。