読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

T.O.P LIFE❤︎

ガチ、たぷペン宣言。

BIGBANG、今後の目標は?「僕たちを見て育つ世代に文化的に貢献したい」

f:id:kuromiii:20160804231624j:image
デビュー10周年を迎えたグループBIGBANGが、今後10年を目標に文化的貢献を夢見た。

BIGBANGが4日午後、ソウル聖水洞 Sファクトリーでデビュー10周年記念記者会見を行った。リーダーのG-DRAGONをはじめ、メンバーのT.O.P、SOL、D-LITE、V.Iがこの10年を振り返り、10周年を迎えた感想を述べた。

G-DRAGONは「以前の僕たちは不安な思いが多かった。しかし、今は余裕を持って、少しずつ幸せを感じている部分が多い。メンバー同士で変わることなくやりたい音楽ができて良い」と語った。

BIGBANGが後輩アーティストたちのロールモデルに挙げられていることについてG-DRAGONは「僕たちはやりたい音楽をやっている。僕たちが憧れていた先輩のアーティストを見ながら『僕たちもあんな風にしよう』と自然にやってきたのだが、後輩たちが僕たちにそう言ってくれるとありがたい。しかし、僕たちもやはり先輩や後輩たちを見て学んでいる。その分もっと磨いて努力し、成長しようとする」と話した。

10年後のBIGBANGについてG-DRAGONは「僕たちもとても悩んでいる。メンバー同士でたくさん話し合っている。10年間、多くのことがあった。だから今後どうなるか分からない。常に緊張の中で生きている。どんどん多くの方々が僕たちを認識してくださる。だから幸せだが、プレッシャーも多い」とし「今後僕たちを見ながら育つ世代に文化的に大きな貢献がしたい。メンバー同士でよく話し合う。それがどのようなコンテンツとして出てくるかは分からないが、大きな絵を描いているところだ」と語った。

SOLは「最近、メンバー同士で今後どうするかについてたくさん話している。具体的なものは分からないが、僕たちが好きな仕事をしながらポジティブな影響を与え、文化を作りたい。そうなれるように人々をリードしたい。関連した勉強に励み、今後育つアーティストや人々に良い影響を与えたい。僕たちが熟練したのでそのような位置に来たと思う」と話した。

今年デビュー10周年を迎えたBIGBANGは、20日にソウル上岩(サンアム) ワールドカップ競技場で10周年記念コンサート「BIGBANG10 THE CONCERT-0.TO.10」を開催する。