読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

T.O.P LIFE❤︎

ガチ、たぷペン宣言。

BIGBANG、入隊や再契約の報道に「ストレス受けた」…メンバーが語った本音とは

f:id:kuromiii:20160630191729j:image
BIGBANGの映画でメンバーたちは率直だった。あるがままの姿を見せた。時には刺々しく、時にはやんちゃな姿もあった。演出なしの率直なドキュメンタリー形式のリアリティだから可能だった。率直なBIGBANGは人々が一番気にする軍入隊の問題やYG ENTERTAINMENTとの再契約についても打ち明けた。

映画「BIGBANG MADE」はドキュメンタリー形式でBIGBANGのワールドツアーとステージ裏の楽屋の姿を捉えた。BIGBANGの包み隠さないストーリー、完璧な公演を披露するための努力、彼らに関する話題について率直に話した。

一番注目を集めた部分はYGとの再契約と軍入隊だった。ファンが一番気にしている部分であり、敏感な問題であるだけに当事者から直接聞くのが一番確実だった。「BIGBANG MADE」にはワールドツアー中に再契約や軍入隊に関する言及が続き、ややストレスを受けたというメンバーの話から、これに対する率直な意見も盛り込まれた。

公演中にはステージだけを考えて集中するBIGBANGであるため、ワールドツアー中に再契約や軍入隊について言及されるのはかなりのストレスだった。ストレスが嫌いなG-DRAGONもこれに対するストレスが長く続いたという。T.O.Pは「軍隊にいつ行くか予測できない状況だったため、数年の再契約を決定するのが難しかった」と率直に打ち明けた。結局、絶えず続いた再契約と入隊に対する言及は、メンバーたちをさらに強く結ぶ役割を果たしたのだ。
 
f:id:kuromiii:20160630193011j:image
 
G-DRAGONも「13歳の時に会社に入ったが、今までずっと一緒に仕事をした。YGにいる方々は13歳の時から僕を見てきたのだ。家みたいな場所なので、離れるということを考えたことがない」として格別な愛情を現した。D-LITEは「時間と環境が許せば、また多くの方々が僕たちを求めて愛してくれるならば、いくらでも僕たち5人は準備ができている」と話した。

BIGBANGのコンサートを劇場で3面上映で楽しむことができる点も魅力的だが、このように重要であり敏感な問題をメンバーたちの口から直接聞くことができる点も「BIGBANG MADE」ならではの魅力だ。「ローリング・ストーンズのように50歳、60際になってもやりたい」というG-DRAGONの願い通り、10周年後も長く続くBIGBANGの活動を期待したい。