読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

T.O.P LIFE❤︎

ガチ、たぷペン宣言。

BIGBANGの映画「BIGBANG MADE」の公開が決定!“10周年プロジェクト第1弾”

f:id:kuromiii:20160601161140j:image
BIGBANGがデビュー10周年を記念したプロジェクトを予告している中、プロジェクト第1弾となる映画「BIGBANG MADE」の公開を明らかにした。
 
YG ENTERTAINMENTは1日公式ブログやSNSを通じて映画「BIGBANG MADE」のポスターを公開し、BIGBANGのデビュー10周年プロジェクト第1弾を紹介した。
 
韓国で6月30日(木) CGV単独公開を確定した映画「BIGBANG MADE」は、韓国・ソウルを皮切りに北中米、オセアニア、アジアなど、13ヶ国32都市における66回の公演で、総勢150万人を動員したBIGBANGの2番目のワールドツアー「MADE」の実況とその裏を捉えた映画だ。
 
2015年4月から今年3月まで、BIGBANGのワールドツアーの旅程を描くこの映画は、ステージ上の華やかでプロフェッショナルなBIGBANGだけではなく、BIGBANGというタイトルなしの20代の若者たちの飾らない姿をそのまま盛り込んだ。
 
映画のインタビューの中の「僕たちはみんなBIGBANGになるために生まれた人間たちみたいです」という言葉のように、クォン・ジヨン(G-DRAGON)、トン・ヨンベ(SOL)、チェ・スンヒョン(T.O.P)、カン・デソン(D-LITE)、イ・スンヒョン(V.I)という普通の20代の若者とBIGBANGのメンバーという境界が無意味になった彼らの姿が捉えられている。
 
特に、メンバーたちの要請によって、意図や設定なしにBIGBANGの素顔を生々しく捉えたのはもちろん、ツアー中に進められた再契約に対する率直な心境、ステージ上のカリスマ性は見当たらない茶目っ気たっぷりな姿まで、過去10年間BIGBANGは私たちのそばにいたが、私たちが知らなかったBIGBANGの新しい一面を確認できる作品になるとみられる。
 
この映画は“ScreenX”でも公開され、3面の画面で上映される公演実況シーンを介して、会場に来ているような気分を味わうことができ、リアルな画面で臨場感を感じることができる。
 
BIGBANGはデビュー10周年プロジェクト第1弾の映画「BIGBANG MADE」の後も、順を追って他のプロジェクトを公開する予定だ。
 
BIGBANGの10周年記念映画は、サムスン電子の音楽配信サービスMILKが提供し、様々な独占イベントを行う予定だ。