T.O.P LIFE❤︎

ガチ、たぷペン宣言。

初夢にT.O.Pが現れる(*∩ω∩)

やっと初夢見ましたよ~ヾ(´。••。`)ノ

3日の朝、目が覚めて忘れる前にメモしてまたすぐ寝て← 結局3日は、ほぼ寝倒したのに続きは見れず?もう何度寝したか ┐(´∀`)┌ヤレヤレ
 
寝ぼけて書いた支離滅裂なメモと薄れつつある頭から引っ張りだして書いとく~( ˆωˆ )誰w
 
過剰書き、場面が飛んでるのは夢やしねww意外な人も出てきて、起きた瞬間は心臓バックバク?やったけど❓❓に襲われたよww
 
ーーーー✂︎ーーーー✂︎ーーーー✂︎ーーーー✂︎ー
 
舞台は何処かの撮影スタジオ。
あたしは、なんかしらの新人で雑務を言いつけられてウロウロ走り回ってる。
 
スタッフが長机に座って、今日撮影する有名人が打ち合わせ中。あたしは小型の加湿器を持って、その有名人の座る椅子の下に加湿器のコードを通すか、椅子の横からコードを通すか右往左往してる。あまりに足元でウロウロするから、その有名人が立ち上がる。
君、さっきから足元で何してるの?
あっ…すいません。ちょっとコードが…
って見上げると、その人は武豊
びっくりして加湿器を置いて逃げるあたし。
 
場面切り替わって
 
スタジオの倉庫に、先輩に頼まれた小道具を探しに入る。入るともう一人の撮影予定の有名人のスタッフである、ヨジャが居て「は?もうすぐT.O.P来るんだから早くしてよね!!」と吐き捨てられ、めちゃくちゃ睨まれる。
急遽、着替える事になったT.O.Pを控え室じゃなく、こんな倉庫で着替えさせるのは申し訳ないからスタイリストである自分がココで待っている、と。
 
撮影者がT.O.Pなのをココで初めて知り、T.O.Pをてぃーおーぴーと言うのがヤケに気になるが、探し始める。
 
中々見つからずに手間取っていると「あなたT.O.Pに近付く為にワザと時間掛けてるんじゃないでしょうね?」と、また噛みつかれる。「そんなんじゃないです…」と言うと、そこにシャツのボタンを外しながらT.O.Pが入ってくる。「ちょっと!まだダメよ!スタッフの女が居るんだから」と言い、T.O.Pの背中を押して一緒に部屋から出て行った。
 
そこで回想シーンに切り替わって
 
どうやら あたしとT.O.Pは、お互い気になる存在で、スタジオ内でも気付けばお互いを目で追ってるけど、話す事が出来ない一歩踏み出せない関係らしい。
 
また場面は倉庫に戻って
 
やっと頼まれた物を見つける。それを抱えて扉に手をかけると、先に扉が開いてT.O.Pが入ってきて、入れ違いで出ようとすると、手首を掴まれて「今、そこに豊さん居るからやっと話せるチャンス出来たと思ったんだけどな…ダメかな?」って言われて、振り返るとT.O.Pがふんわり笑ってる。
次の場面では、扉が閉まる寸前で、少しずつ顔を近づけてく二人の姿が見えて扉が閉まる。
 
そこで目が覚めた。
 
ーーーー✂︎ーーーー✂︎ーーーー✂︎ーーーー✂︎ー
 

ね?超絶、続きが見たくなるでしょ?笑

 
ちょっと分かりにくくてゴメンなさいですが…なんで武豊&T.O.Pなんやろかwwたぷちゃんなんの仕事するつもりっすか。゚(゚^ω^゚)゚。
 
あたし競馬を嗜む← ウマ女ですけど、豊さん、めちゃくちゃ好きって訳ちゃうでww
たぷに関して、服装は白シャツに黒のスキニーパンツで、香水の匂いとか手を掴まれた感触とか残ってるんやけどなー♡♡キモw
 
あー…新年早々幸せ(・∀・)♡欲を言うなら続きが見たい!!!それにしても…あたくし、欲求不満なのかしらwwアヒャヒャヒャヽ(´>∀<`*)ノアヒャヒャヒャ!!